06.階上駅~舘神社 エリア

階上町の住宅地を歩くエリアになります。小学校・中学校・公民館・体育館などの公共施設や、JR八戸線階上駅などがあります。国道横断時には気を付けて歩行しましょう。


 階上駅

1924年(大正13年)開業の無人駅です。2005年(平成17年)まで使われていた「腕木(うでき)式信号機 (羽子板状の腕木を動かす事により指示する信号機)」が、駅前の駐車場に展示されています。

階上駅踏切

交通アクセス
◆JR八戸線
 階上駅下車
階上コミュニティバス
 東部循環線 階上駅前バス停下車


舘神社(モミの巨木)

社伝によると、1449年(文安6年)に、道仏館の館神(守護神)として戦いの神である八幡様を祀ったのが草創と言われています。「道仏館」は赤松民部吉時が館主であった1591年(天正19年)、九戸政実(くのへまさざね)の乱の際、九戸方に攻められ落城。吉時の長男は菩提寺西光寺の住職に、次男は舘神社の神主となったと伝えられています。館の周りには三重の堀が廻り、境内には樹齢400年以上ある青森県最大級のモミの巨木が舘神社を守るように当時の面影を偲ばせています。
◆住所
 青森県三戸郡階上町道仏字道仏3
交通アクセス
階上コミュニティバス
 東部循環線 道仏バス停下車徒歩10分