03.田村崎~淀の松原 エリア(3.2㎞)

岩々と松並木が続くエリアです。遊歩道が整備されており、歩きやすくゆっくりと景色を楽しむ事が出来ます。JR八戸線がコースに沿って走っており、間近に電車を見ることも出来ます。


田村崎

田村崎から眺望した大須賀

象の親子岩

白浜漁港から深久保漁港までの区間は、岩と岩の間を縫うように遊歩道が整備されています。海側に見える岩の形はダイナミックす。中でも象の親子岩といわれる大きな岩が有名です。いろんな形の岩がありますので、何の形に見えるかを考えながら歩くのも楽しいかもしれません。
音声ガイダンス
 
8:00~18:00(11月~3月は9:00~16:00)


白岩

白岩

高さ約20mの岩で、海鵜のフンで白くなったことからこの名で呼ばれるようになりました。遊歩道を歩いて行ると色々な角度からの白岩を観る事が出来ます
音声ガイダンス
 8:00~18:00(11月~3月は9:00~16:00)


淀の松原

淀の松原

淀の松原【標識・看板】

大正4年(1915年)から地元の青年団によって魚付林や防風林として植樹が始まったクロマツの並木が続くこの場所は、木々の間から見える海と空とのコントラストがとても綺麗です。
音声ガイダンス
 
8:00~18:00(11月~3月は9:00~16:00)


地獄穴

波による浸食で出来た洞窟です。その昔、この穴がどこまで続いているかを知るために、松明を付けた犬を穴に放したところ約150㎞南にある岩手県宮古市の浄土ヶ浜で見つかったという云い伝えが残っています。浄土ヶ浜にも「八戸穴」と呼ばれる場所があります。


石割桜

地獄穴の隣にあるカスミ桜の石割桜です。少し紅を帯びた白色の花が咲きます。見頃はソメイヨシノよりも二週間ほど遅めになります。


仙人窟

急な崖の上にあり、三畳ほどの広さがあります。昔そこからの眺めが好きで住みついてしまった人が居たという事で名前が付いたと伝えられています。


コウモリ穴

位置口は高さ約3m、幅約8mあり、その奥の隙間は以前コウモリの寝床になっていたとの事です。現在コウモリはいません。
音声ガイダンス
 
8:00~18:00(11月~3月は9:00~16:00)