▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 11月11日(火)

◆当日の記録データ

◆出発地 鮫駅
◆到着地 種差海岸インフォメーションセンター
◆移動距離 約11.7km
◆移動手段 会社~鮫駅(往復) JR八戸線
種差海岸インフォメーションセンター~鮫駅 ワンコインバスうみねこ号
◆天候等 ●10:00 地点 鮫駅 ・天気 晴れ ・気温 15℃
●12:00 地点 葦毛崎 ・天気 晴れ ・気温 17.5℃
●14:00 地点 白浜 ・天気 晴れ ・気温 16.5℃
●15:00 地点 種差IC ・天気 晴れ ・気温 14℃

 


◆GPSロガー 記録データ

◆地図

2014-11-11-1

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-11-11-2

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しておりますが、
表示した地図・グラフは、実際の記録データを掲載いたしまた。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

9:41 JR八戸線  小中野駅~鮫駅(9:50)
10:00 鮫駅出発
 1-1-0-鮫駅
10:18 蕪嶋神社 スタンプ取得
11:05 浜小屋群 以前なかった標識が設置されていた。
11:20 鮫角灯台 海方向の景色は視界が開け、素晴らしい。
近くの物見岩からの眺望も素晴らしい。
 DSC07873
12:00 葦毛崎 ホロンバイルで最後のスタンプ取得。定時報告。
手前の横沼付近は草刈りがされ、階段も整備されていた。
12:30 白浜の東屋で昼食。いつもの助六寿司。コンパクトでパッキングしやすい。
13:00 白浜漁港のそばで小さな浜の会の事務局長の中里さんに会う。
廃品で、アルコールコンロを製作中とのこと。エコですね!
14:05 白浜漁港にある「白浜女房」で、タコの足を購入。一夜干しのスルメ
1枚いただく。
 DSC_0586
15:05 種差インフォメーションセンター到着。踏破証明書取得。途中の
深久保漁港は海水がきれいで底まではっきりと見え、感動した。
淀の松原は黒松が適度に伐採され、見晴らしが良くなった。
 1-17-1-種差海岸ICスタンプ取得
15:33 ワンコインバスうみねこ号で鮫駅まで。
16:24 JR八戸線 鮫駅→小中野駅(16:33)

 


【1日を振り返って】

本日で、みちのく潮風トレイルの本線、迂回路および久慈市街寄
り道コース、南岳寄り道コースのチャレンジ踏破、全線を完結した。
総歩行距離150.2km。天気にも恵まれ、雨の日は角の浜~宿戸間一日
だけだった。実際に歩いてみて、みちのく潮風トレイル(蕪島~久慈間)
の地形と地形が育む景観美に感嘆し、海がもたらす恵みと暮らしに
人々の知恵と営みを感じ、そして何度も繰り返される災害に立ち向
かい、教訓として残した先人達の思いに触れ、何年か後に南相馬まで
完結すれば、日本の誇れるコースになると実感した次第である。

 


 

【当日のブログ記事】

11/11 10時

11/11 12時10分

11/11 14時05分

11/11 15時05分

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 11月10日(月)

◆当日の記録データ

◆出発地 寺下観音(潮山神社)
◆到着地 フォレストピア階上
◆移動距離 約16.8km
◆移動手段 CROSS~寺下観音 スタッフ車
◆天候等 ●10:10 地点 寺下観音 ・天気 晴れ ・気温 14℃
●12:00 地点 放牧場 ・天気 晴れ ・気温 9℃
●14:00 地点 南岳 ・天気 曇り ・気温 7℃
●16:00 地点 フォレストピア階上 ・天気 晴れ ・気温 8℃

 


◆GPSロガー 記録データ

◆地図

2014-11-10-1-1

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-11-10-2-1

GPSロガーが途中で切れてしまったことにより、
地図や、画像が分割になったので、
一つの地図に、実際の記録データを追加編集しました。
グラフも、実際の記録データを追加編集しています。

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等も参考に距離を割出し記載しております。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。


 

10:10 寺下観音 出発。 風強く雲の動きが早い。「生きている化石」と
呼ばれるメタセコイアのオレンジ色の紅葉が鮮やかである。
 DSC_0427
10:30 灯明堂の階段途中から海方向の眺望が、木々の葉が落ちたおかげ
で大きく開けていた。
 DSC_0431
12:12 階上町営放牧場 到着。いつも清潔な放牧場トイレの前室で休憩。
定時報告。本日は山登りがあるのに、16.5kmと距離もあるので、
放牧場までかなりピッチを上げた。
12:45 出発
12:55 大開平避難小屋 小休止。女性2人男性1人がいた。男性に話を聞
くと、本日は9合目付近で、つつじの剪定作業を行なったとのこと。
13:25 階上岳山頂 近くの龍神水に行くと、きれいに整備されていた。
出水部分の管、木製の屋根、受けマスが新しくなっていた。
13:45 南岳山頂 岩手の遠くの山々までは観られなかった。
 2-11-1-南岳
南岳から岩手山を観た事は、一度しかない。
13:55 出発 階上岳山頂にもどりコースを下山。
15:00 まだの木 着。「階上岳の踊り子」と呼ばれる枝ぶりがしなやかだ。
まだの木の近くがロープで囲まれているが、深さ3mほどの穴が2ヶ
所ある。注意喚起の看板が必要だと思う。
15:15 3合目 しるし平。トイレと東屋がある。この場所は、小休止にぴった
りの場所。
 2-11-2-しるし平
15:55 フォレストピア階上到着。緑コースで、下山したが、有志の方による
コース整備が、4~5ヶ所見うけられた。
 2-10-1-フォレストピア階上スタンプ1

 

【1日を振り返って】

階上岳は地元の方に愛されている山である。コース内にゴミは一切
無く、コース整備も有志の手で行われている。以前、冬に備えて、ス
トーブの燃料にする柱の切れ端を避難小屋に運んでいる人を見た事
があるが、あれもボランティアだろう。今回はつつじの剪定作業や龍
神水の整備を見て、あらためて、地元愛に包まれた幸せな山だと感じ
た次第である。

 


 

【当日のブログ記事】

11/10 10時10分

11/10 12時12分

11/10 14時

11/10 15時15分

11/10 16時

 

 

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 11月6日(木)

◆当日の記録データ

◆出発地 久慈市桑畑付近
◆到着地 陸中八木駅
◆移動距離 12.7km(内JR陸中中野駅~有家駅乗車分2.6㎞)
◆移動手段 会社~久慈市桑畑付近 スタッフ車
JR陸中中野駅~有家駅間乗車
JR陸中八木駅~JR小中野駅(会社最寄駅)乗車
◆天候等 ●10:15 地点 桑畑付近 ・天気 晴れ ・気温 20℃
●12:00 地点 中野白滝 ・天気 晴れ ・気温 19℃
●14:00 地点 有家付近 ・天気 晴れ ・気温 21℃
●15:30 地点 陸中八木駅 ・天気 晴れ ・気温 20℃

◆GPSロガー 記録データ

◆地図(徒歩は赤・電車を使用した区間は緑で表示しています。) 2014-11-06-edit     ◆グラフ(標高・速度) 2014-11-06-2-2久慈市桑畑付近~陸中中野駅     2014-11-06-2-4有家駅~陸中八木駅

この日はGPSロガーが途切れ途切れで記録され、 地図や、画像が分割になったこともあり、 一つの地図に、実際の記録データを追加編集しました。 (徒歩部分が赤線で、JR使用部分が緑線となってます) グラフは、実際の記録データをしています。 移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等も参考に距離を割出し記載しております。 今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による 100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。


 

10:15 出発 R45からの迂回コースを行くが分かりづらい分岐が中野
白滝まで3ヶ所あり、標識の必要性を感じた。
11:45 中野白滝 休憩20分 定時報告。
白龍神社から滝方向に下る際は、階段や下り坂がすべりやすいので
注意を要する。
 4-26-0-白滝神社2
12:20 高家川河口で3匹のゴリラのようなゴリラ岩を撮影。
 3-25-0-ゴリラ岩
13:00 陸中中野駅 JR八戸線で、有家駅へ。
13:50 有家駅から海岸線を1km歩く。楽しいコースだが、高潮や悪天候時
は歩行不能と思われる。海岸線の終点の原子内川水門で定時報告。
 DSC_0389
原子内川の水門から本線に出るルートは分かりづらい。
14:55 陸中八木駅 到着 JR八戸(15:22発乗車)

【1日を振り返って】

今回のコースで、自販機は4ヶ所(船渡整備・陸中中野駅・小子内の酒店・
陸中八木)。トイレ・自販機が少ないコースなので、トイレや水分の補充は
各自の判断で行わなければならない。
高家川は、夏場か渇水期しか渡渉できないと思われる。危険も伴うので早急
な対策が望まれる。

 

 

 


【当日のブログ記事】
11/6 10時15分
11/6 12時
11/6 14時
11/6 15時

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 11月5日(水)

◆当日の記録データ

◆出発地 諏訪神社
◆到着地 久慈市湊町付近
◆移動距離 約13.3km
◆移動手段 会社~陸中夏井駅迄 車
◆天候等 ●10:30 地点 諏訪神社 ・天気 晴れ ・気温 17℃
●12:00 地点 中長内遺跡 ・天気 晴れ ・気温 19℃
●14:00 地点 上の橋 ・天気 晴れ ・気温 20℃
●15:30 地点 終点地 ・天気 晴れ ・気温 7℃

 


◆GPSロガー 記録データ

 

◆地図

名称未設定-1

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-11-05-2

 

当方の不手際により、GPSロガーを途中でOFFにしてしまい、
道の駅くじ土風館以降のログが有りません。

地図については、実際の記録データに追加編集しました。
(少し、濃い赤い線が追加したところです。)

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しております。
グラフは、実際の記録データを掲載いたしましたので、
諏訪神社~道の駅くじ土風館までになります。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

8:40 会社を出発
9:50 陸中夏井駅より徒歩で、諏訪神社へ。
10:30 諏訪神社 出発。定時報告するが、送信できず。
12:00 中長内遺跡 定時報告。途中、市総合運動場からの分岐が分かり
づらく、地元の方に教えていただく。
(寄り道コースにも標識が必要なのでは。)
 4-3-0-中長内遺跡
12:47 巽山公園は市内の中心部にあり、小高い丘になっている。ゴミも
少なく、ベンチを設けた展望場所もあり、市民に愛されてるのが
うかがえた。
 4-1-0-巽山公園1
13:00 土風館内レストランにて昼食。定時報告。
13:48 土風館 出発。すぐ上の橋に着く。久慈川は水がきれいで、河川敷
もきれいに整備されている。8月上旬には鮎のつかみ取り大会、
8月14日には花火大会と灯篭流しが行われる。
14:23 長泉寺の大公孫樹は紅葉があまり進んでいなかった。
 4-1-2-長泉寺大銀杏
14:54 金毘羅神社 鳥居付近にベンチがあり地元の方が7~8人談笑
していた。ゴール地点の道順を教えていただく。
 4-1-4-金刀比羅神社1
15:25 目的地ゴール

【1日を振り返って】

・久慈市内街歩きコース
義経伝説のある諏訪神社から時計回りにゆっくりと久慈市内を探訪す
るコース。縄文時代の竪穴式住居や、奈良・平安時代の住居跡が確認さ
れた中長内遺跡を見て、また久慈出身の柔道家、三船十段にもふれ、
地元の人でなければ分からないような事を知り有意義だった。

 


【当日のブログ記事】

11/5 10時30分

11/5 12時

11/5 14時

11/5 15時30分

 

 

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 10月24日(金)

◆当日の記録データ

◆出発地 岩手県久慈市 JR八戸線 陸中夏井駅
◆到着地 岩手県久慈市 小袖海女センター
◆移動距離 約10.6km
◆移動手段 久慈駅~陸中夏井駅 JR八戸線
小袖海岸~久慈駅 久慈市営バス
道の駅くじ やませ土風館 ~帰社 スタッフ車
◆天候等 ● 9:00 地点 久慈駅 ・天気 晴れ ・気温 7℃
●12:00 地点 赤浜展望所 ・天気 晴れ ・気温 18℃
●14:00 地点 小袖海岸 ・天気 晴れ ・気温 18℃

◆GPSロガー 記録データ

◆地図

2014-10-24-1-edit

◆グラフ(標高・速度)

2014-10-24-3

 

当方の不手際により、GPSロガーをOFFを忘れてましたので、
地図は、実際の記録データに追加編集しました。

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しております。

グラフは、実際の記録データからOFFし忘れた分を削除し掲載いたしました。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

10:00 陸中夏井駅出発。朝方冷え込んだが気温は一気に上昇。出発時
は21℃。湊橋を渡って諏訪神社に向かう。
 4-15-01-○湊橋2
10:55 諏訪神社に到着。海側の高台にあるので、3年前の震災に限らず
過去に何度も避難場所に使われた事がうかがえる。
11:37 赤浜展望所 八戸からの家族4人、小袖見物とのこと。昼食、定時報告。
12:12 出発。兜岩、つりがね洞、五丈の滝を通り、一路小袖海岸へ。
 4-20-3-○五条の滝1
途中、道路の拡張と落石防止の工事が数カ所で行なわれていた。
13:25 小袖海女センター(仮設)到着。工事中の海女センターは、本年中
に完工するとのこと。(海女センターにいるOさんの話)
 4-21-0-夫婦岩2
13:55 市営バス(小袖海女センター~久慈駅)

【1日を振り返って】

小袖海女センターからの久慈方面行きのバスの最終が13:55
であるが、午後3時過ぎくらいの最終があれば、利用者に便利
になると思う。

 


【当日のブログ記事】

10/24 8時30分

10/24 10時

10/24 12時

10/24 13時20分

10/24 15時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 10月23日(木)

◆当日の記録データ

◆出発地 岩手県久慈市 侍の湯きのこ屋
◆到着地 岩手県久慈市 JR八戸線 陸中夏井駅
◆移動距離 約15km
◆宿泊 岩手県久慈市 つたや旅館
◆移動手段 陸中夏井駅~久慈駅 JR八戸線
◆天候等 ● 9:00 地点 きのこ屋 ・天気 晴れ ・気温 13℃
●12:00 地点 白前漁港付近 ・天気 晴れ ・気温 17℃
●14:00 地点 麦生手前 ・天気 晴れ ・気温 12℃

◆GPSロガー 記録データ

◆地図

2014-10-23-1

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-10-23-3

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しておりますが、
表示した地図・グラフは、実際の記録データを掲載いたしまた。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

9:45 きのこ屋出発 横沼までは遊歩道を気持ち良く歩く。
10:15 横沼展望所からの眺望は圧巻。スケール感のある男性的な岩礁
でした。
 4-8-0-横沼展望所2
11:50 昼食。途中、1ヶ所コースが分からなくなり15分ほどロスした。原
因は、本線は小さい沢を渡るのだが、渡る手前にピンクのテープが
何本かあり、そちらと勘違いし、しばらくピンクのテープを探しなが
ら歩いたところ、道が無くなり引き返して冷静に探し、間違いに気
がついたという次第。初めてのコースで良くありがちな事だが、間
違いやすい場所では、正しい標識の設置をお願いしたい。定時報告。
12:25 出発。白前漁港から300m地点。
13:20 本波漁港。5分ほど休憩して、すぐ始まる急坂に備える。10分以上
急坂を登り切り、約2kmの杉林を歩く。
13:55 麦生集落に行く分岐で休憩。差し入れのケーキとコーヒーが格別
の味だった。定時報告。
14:25 麦生集落入口(標示あり)。
 4-11-0-麦生集落歩道入口
入り口の所にある家のKさん(女性)と話しをする。
厳島神社を観るよう勧められ、到着までギリギリだったが、行くこ
とにした。思ったよりアップダウンがきつく体力と時間を使ったが、
高い位置からの眺望は素晴らしかった。
 4-12-0-厳島神社2
16:10 半崎の野田層群に到着。
16:20 夏井川を渡る。ちょうど日没となる。
16:35 陸中夏井駅到着。定時報告。
16:53 JR八戸線下り 宿泊地久慈駅に向かう。
17:30 つたや旅館、到着。途中で弁当と飲み物を調達。

【1日を振り返って】

きのこ屋から陸中夏井駅まで12.1km約3時間半の行程とふんで
いた。快晴、無風で歩きやすく、順調に歩いたはずなのに実際は、
6時間近くかかってしまった。たしかにアップダウンはあるが、
こんなに時間にズレがあることは無く、原因を探ってみた。
後半の厳島神社から陸中夏井駅までの約5.3kmは、予定より
15分遅れですんだが、きのこ屋から厳島神社までの6.8kmは
2時間の設定時間が約4時間かかっており、(昼食、休憩時間は除く)
実際に歩いた者としては、距離は6.8kmだが設定時間は3時間半
から4時間にした方が良いと思った。

 


【当日のブログ記事】

10/23 8時30分

10/23 12時

10/23 14時

10/23 16時35分

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 10月22日(水)

◆当日の記録データ

◆出発地 岩手県洋野町宿戸駅
◆到着地 岩手県久慈市 侍の湯きのこ屋
◆移動距離 約23.6km
◆宿泊 侍の湯 きのこ屋
◆天候等 ● 8:30 地点 宿戸駅 ・天気 ・気温 14℃
●12:00 地点 有家 ・天気 ・気温 13℃
●14:00 地点 中野白滝 ・天気 ・気温 11℃
●18:00 地点 侍浜 ・天気 薄曇り ・気温 10℃

 


◆GPSロガー 記録データ

◆地図

2014-10-22-1

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-10-22-3

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しておりますが、
表示した地図・グラフは、実際の記録データを掲載いたしまた。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

8:30 宿戸駅出発 (JR八戸線 8:14種差駅~宿戸)
10:40 金山神社
 3-18-0-金山神社
10:55 清光館跡 柳田国男に関係する。
 3-20-0-清光館跡
12:00 有家の産直「しらかば」で定時報告 (この時点で約1時間の遅れ)
12:20 吉田酒店でトイレ借り、サンドイッチで昼食
12:45 大久保商店で、洋野町スタンプ、バッジ取得。
大久保商店は、誠実に対応してくれ、ついつい長居をしてしまう。
さらに足豆治療用の針をいただく。(あぶないからと目立つように
白い糸を通してくれた)
13:15 陸中中野駅着。中野駅を有家川に向かって歩いていたら男性に
声をかけられる。高家川に鮭の様子を見に行く途中とのこと。
Aさんは以前八戸で漁師をしていて現在は中野在住とのこと。
73才には見えず逞しく海の男の体つきである。
高家川は、水量が多くとても渡れる状態では無い。
白滝を通っての迂回を決め、AさんにR45を通る「はしょりコース」を
教えていただく。
 3-24-0-陸中中野駅陸中中野駅
14:10 白滝で定時報告。すぐ出発。R45桑畑大橋は歩道が無く、狭く非常
に危険である。迂回路コースは3km以上あり、これといった見どこ
ろも無いようなので、多くの人は危険なR45を通ると思う。
15:20 高家川でAさんにアドバイスをもらいR45沿いにある「船渡自動車
整備」に寄る。「きのこ屋」までのルートを聞くためだが、親切に住宅
地図で教えてくれる。歩いていくと間もなく、みちのく潮風トレイル
の標識が見つかり、ひと安心。
16:35 北侍浜キャンプ場到着。 少し暗くなり急いで「きのこ屋」に向うが、
けっこう急な上りで息があがる。
16:55 「きのこ屋」 到着。入口は灯りがついていた。久慈市1個目のスタンプ取得。

【1日を振り返って】

本日は、10人以上の方と話しができ、皆さん親切に話しをしてくれた。
一人旅の醍醐味のひとつと感じた。
危険なR45桑畑大橋を通らない為にも高家川の橋の設置は早急に
お願いしたい。
「きのこ屋」は朝日がウリだとの事で朝5時半に起きて、風呂の中から
撮影する。生涯最高の海からの朝日でした。

 


【当日のブログ記事】

10/22 8時30分

10/22 12時

10/22 14時30分

10/22 16時55分

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 10月21日(火)

◆当日の記録データ

◆出発地 岩手県洋野町角の浜駅
◆到着地 岩手県洋野町宿戸駅
◆移動距離 約13km
◆宿泊 マリンサイドスパたねいち
◆移動手段 会社~角の浜駅 スタッフ車
宿戸駅~種市駅 JR八戸線
◆天候等 ●10:00 地点 角の浜駅 ・天気 小雨 ・気温 19℃
●12:00 地点 川尻水門 ・天気 小雨 ・気温 18℃
●14:00 地点 窓岩付近 ・天気 ・気温 16.5℃
●18:00 地点 種市町内 ・天気 ・気温 13℃

 


 ◆GPSロガー 記録データ

◆地図

2014-10-21-1-edit

◆グラフ(標高・速度)

2014-10-21-3

 

当方の不手際により、GPSロガーを途中でOFFにしてしまい、
種市海浜公園以降のログが有りません。

地図については、実際の記録データに追加編集しました。
移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しております。
グラフは、実際の記録データを掲載いたしましたので、
角の浜駅~海浜公園までになります。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

10:15 角の浜駅 出発 天候は小雨
10:25 浜の鳥居 安全・大漁を願って建てられた。
 3-2-0-浜の鳥居
10:35 千人塚。大和朝廷によって征伐された蝦夷の千人の首塚であったが、
首塚に近づく為に濡れた草地を歩き、靴の中まで水が入り、足裏の
豆の原因になった。
11:00 種市高校。 海洋開発科の大川先生と会話する。在校生は80名で
女子が2名いるとのこと。当日は、実習船での訓練日。普段は水中で
潜水技術、溶接技術の実地訓練をしているとのこと。
卒業生は、潜水土木と陸上での土木関係にそれぞれ半数ずつ進んで
いくとの説明でした。
11:45 川尻津波供養塔。定時報告試みるが送信されず。
 3-5-0-川尻津波供養塔1
12:45 はまなす亭(種市)で昼食。ほやラーメン(760円)。雨がかなり強く
なる。
13:20 ウニークで、スタンプ取得。洋野町(1個目)
13:40 種市海浜公園 到着
14:05 窓岩付近で送信出来るようになる。定時報告。
14:25 鮭の遡上の様子を見る事が出来た。
 3-12-1-○鮭の遡上
14:55 戸類家付近でコースをはずれR45に出てしまう。
15:20 宿戸駅到着 到着メール送る。
15:37 JR八戸線 宿戸駅~種市駅(15:40)190円
16:00 マリンサイドスパたねいち到着。

【一日を振り返って】

一日中雨に悩まされた。タブレットを濡らさないようにビニール
に入れ、リュックの中に入れたが撮影時にはリュックカバーをはずして
リュックをあけ、ビニールから出しての撮影をくり返さなければ
ならずかなり難儀した。さらにタブレットの送信状態も悪く、
予定のひとつ手前の宿戸駅で終了となった。
本日は玉川駅近くの海岸線で鮭の遡上が観られて良かった。

 


【当日のブログ記事】

10/21 10時

10/21 12時

10/21 14時

10/21 15時20分

 

 

 

 

 

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 10月17日(金)

 ◆当日の記録データ

◆出発地 大開平
◆到着地 洋野町角の浜駅
◆移動距離 約14.7㎞
◆移動手段 角の浜駅~帰社 JR八戸線と徒歩
◆天候等 ● 9:00 地点 放牧場 ・天気 晴れ ・気温 12℃
●12:00 地点 寺下観音 ・天気 晴れ ・気温 20℃
●14:00 地点 大銀杏付近 ・天気 晴れ ・気温 19℃

 


◆GPSロガー 記録データ

 

◆地図

2014-10-17-1-T

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-10-17-3-T3

つつじの森キャンプ場から、岩手県洋野町の角の浜駅間でしたが、
当方の不手際により、GPSロガーをOFFにし忘れたので、
地図と、グラフ画像はコースとは無関係のデータは削除するなどしております。

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しておりますが、
表示した地図・グラフは、実際の記録データを掲載いたしまた。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。

 


 

7:00 大開平避難小屋より階上町町営放牧場トイレへ移動。
7:30 放牧場付近を散策、石倉展望台や放牧されている牛やサフォークと
呼ばれる羊の群を見学。
 2-13-2-○のんびりとした牧場風景1
7:40 トイレ清掃の夫婦が来る。週2回、階上岳のトイレを清掃しているとのこと。
8:30 朝食
9:10 放牧場トイレ前出発。
鉄塔付近のY字路に明確な標識がほしい。本線には鉄柵があり通行止めの
ように見える。早急に対処していただきたい。
10:08 車道に出てすぐに、道路にヤマカガシがいた。ジッとしていたが、実は
猛毒だと後で知る。(マムシの3倍の毒性)
11:00 灯明堂入口。300段近い階段を上り、灯明堂跡に。日本最古の「灯台」と
言われるが、たしかに天気の良い日は海の方まで見渡せる。
11:50 寺下の食事処東門到着。S君とうどんセットを食べ、先を急ぐS君と別れる。
12:35 東門出発。小舟渡海岸までは里山の風景が続く。かやぶき屋根や稲刈りの
終わったばかりの田んぼがなぜか懐かしい。
 2-17-1-○かやぶき屋根の家と田園風景
14:40 野村酒店到着。 3個目のスタンプを押す
 2-18-3-○野村商店1
15:20 角の浜駅 到着

 


【1日を振り返って】

タブレットや携帯を持ちながらの登山やトレッキングが増えている昨今、
山頂近くでの充電や登山口での充電のシステムの必要性を感じた。
有料で気軽に充電出来れば安心である。
最近は時計代わりに携帯を利用している人も多く、GPS機能を利用しての
登山も多くなったと聞く。階上岳に関しても、通年利用できる充電設備の
設置をお願いしたい。
地図を持たなくても、指導標(標識)だけでトレッキングが出来れば
一番良いことだと思う。

 

【持参して良かったもの】

ガスコンロ(温かい飲み物用、レトルト食品温め用、ちょっとした暖房)
ロングTシャツ(就寝用)
ドロップ (歩きながら口にした。味が違うのがうれしい)

 


【当日のブログ記事】

10/17 9時

10/17 12時

10/17 14時

10/17 15時30分

 

 

 

 

▼100㎞踏破チャレンジ日記▲ 10月16日(木)

 ◆当日の記録データ

◆出発地 国道45号線 階上町道仏付近
◆到着地 つつじの森キャンプ場
◆移動距離 約13.4km
◆宿泊 つつじの森キャンプ場(大開平避難小屋)
◆移動手段 民宿はまゆう~国道45号線階上町道仏付近 迄 スタッフ車
◆天候等 ● 9:00 地点 小舟渡 ・天気 晴れ ・気温 16℃
●12:00 地点 登山口 ・天気 曇り ・気温 18℃
●14:00 地点 しるし平 ・天気 薄曇 ・気温 14℃
●18:00 地点 大開平 ・天気 霧雨 ・気温 5℃

 ◆GPSロガー 記録データ

 

◆地図

2014-10-16-1-T

 

◆グラフ(標高・速度)

2014-10-16-3-T

移動距離は、今までの歩行調査の記録データ等を参考に距離を割出し記載しておりますが、
表示した地図・グラフは、実際の記録データを掲載いたしまた。

今回掲載する記録データは、GPSロガーを利用しての調査結果による
100km踏破チャレンジオリジナルデータである事をご了承ください。


 

9:10 泉山建材付近を出発
10:00 野沢牧場、牧場風景を撮影
 2-7-4-○牧場風景3
(野沢牧場)
10:20 トチの木(樹齢850年)、階上町はこのトチの木を含め、巨木、古木
が多く、大切にされてきた。故郷を愛する方が多いからではないか。
トチの木の隣には藁ぶき屋根の茨島家がある。
10:40 下平バス停には、この区間には少ない飲料水の自販機があり、近くの
バス停待合所で一服。この区間のバス停待合所は、どれも屋根付きで引き戸
が付いていて、しかも清潔である。トレイル利用者には天気が急変した
時など、ありがたい施設である。
11:40 登山口食堂。ジンギスカン定食(1000円)。この地で50年以上営業して
いるおかあさんの笑顔が素敵でした。
 2-9-1-○山口食堂2
(登山口食堂 ジンギスカン定食)
12:55 フォレストピアで、今年からはじめたジェラートを食べてから出発。
もも味350円。(他に、桑の葉、ソバ、山ブドウ等)
15:05 緑コースを登り、階上岳山頂。前日の台風の影響で、何ヶ所かぬかるんで
いた。山頂近くの龍神水で、一息ついてから下山。
15:40 つつじの森キャンプ場到着。報告をしていたら、突然「ここキャンプ場
ですか?」と若者に声をかけられる。仙台からヒッチハイクで来た大学生の
S君。話込んでいたら天気が急変。急ぎ近くの避難小屋へ。
二人で夕食の準備をする。聞けば途中で食材を買うつもりで
歩き始めたが、フォレストピアで何とか蕎麦の麺だけ買ったとのこと。
味付用にインスタントみそ汁と食材を分けてあげる。
彼は、気仙沼出身で今は大学3年生とのこと。高3の卒業間近に震災に遭い
現在は、仕送りなしで奨学金とアルバイトで生活しているとのこと。
S君はアウトドア関連の仕事に就きたいとのことでした。
明日は途中まで同行する約束をして9時過ぎに就寝。
2-13-0-つつじの森キャンプ場
(つつじの森キャンプ場)
2-12-1-○大開平避難小屋
(大開平避難小屋)

 


【1日を振り返って】

この区間は前回と同じで、階上駅からフォレストピアまでトイレが無い
のが欠点である。途中にある特養施設を気軽に利用出来るシステムが
出来れば良いと思うのだが。(AEDも設置している)
コンビニや商店も無いので階上駅周辺での食材等の調達が必要であり、
トレイルマップ等に明示したほうがよいのではないだろうか。

 


【当日のブログ記事】

10/16 9時

10/16 12時

10/16 14時

10/16 18時